事業展開

ゴルフ場市場とその他の緑地等市場を2本の柱として、事業展開をしています。
緑地環境に対する関心は近年ますます高まり、お客様のニーズも多様化しています。
共栄社では、多品種少ロットに対応できる生産体制として、 最新機械の導入、省力化、生産コスト低減の徹底により時代のニーズにお応えしています。熟練した技術者による丁寧なものづくりの精神を大切に、自由で革新的な発想を次々と形にしてきました。

国内事業

ゴルフ場の広大なフェアウェイの芝を美しく刈り、バンカーをきれいにならし、グリーンをベストコンディションに保つ。 そしてサッカー場の芝を守り、野球場のグランドを整え、幹線道路の緑地帯を刈り込む。 さらには河川敷の雑草処理、庭草の手入れ、スキー場のゲレンデ雑草刈りなど、当社の製品は幅広い分野において活躍しております。
国内各地に営業所を設け、バロネスは日本全土のあらゆる自然環境の整備にお役立ちできるよう努めております。

ジャパンターフショー
(2019年11月フクダ電子アリーナにて開催)

海外事業

バロネス製品はアジア、アメリカ、ヨーロッパを中心に全世界でも広く活躍しております。
バロネスの海外進出の最初の基盤として2006年にアメリカ合衆国にて「共栄社USA」を設立し、翌年2007年にはイギリスにて「共栄社UK」を設立しました。
バロネスの海外進出により、製品を全世界のお客様に販売する機能が強化されるとともに、世界市場におけるお客様のニーズの把握や新製品のテストが可能となり、海外事業の基盤を固めています。